気になるコンプレックスは美容外科で解決。

原因

わきがはなぜ発生するのでしょうか

夏になると、女性の肌の露出度が上がっていきます。男性にとっては、うれしい季節ですが、女性にとっては、夏はわきがが気になる季節です。 それでは、わきがはなぜ発生するのでしょうか。今から分かりやすく解説していきます。私たちの身体には無数の汗腺があります。この汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺があり、わきがで問題になってくるのは、アポクリン腺の方です。 ただし、アポクリン腺から分泌される汗自体にはニオイがないのですが、皮膚に常在している細菌により、汗が分解されることで特有のニオイを発することになるのです。そして、これがわきがの正体なのです。 わきがは決して病気ではありませんから、本当は気にする必要がないのですが、どうしても気になってしまうものなのです。

根本的に治療するためには

わきが対策としては、次の考え方があります。まずは、対症療法としてわきがを一時的に抑える方法です。これには、アルコール等の消毒薬をわきの下に塗って、細菌を殺菌する方法と、制汗剤等を使って汗を抑える方法があります。 これらの方法は、確かに即効性がありますが、効果が長続きしないという欠点もあります。 そこで、わきがを根本的に治療するためには、美容外科クリニックに行って、外科的にアポクリン腺を取り除く方法があります。また、マイクロウェーブを使えば、わきの下を切開しなくても良いのです。要するに、皮膚の上からマイクロウェーブを当ててアポクリン腺を焼いてしまうのです。 そして、いずれの方法も美容外科クリニックを選んで行うことが大切になります。